設備紹介

[セーフティ&クオリティ]

毎日のくらしの安全・安心に配慮する。

24時間セントラル換気システム

24時間熱交換型換気システム

新鮮な空気を取り入れ、汚れた空気をスムーズに屋外へと排出する「24時間熱交換型換気システム」を採用。各室に給気レジスターを持たず、熱交換ユニットで一括して給気をします。室内の温度変化を抑えながら換気できるので、エネルギーコストの抑制も魅力。必要に応じて「換気レベルの強弱調整も可能」。いつでもクリーンな空気のマンションライフをお楽しみいただけます。

全窓ペアガラス採用

全窓ペアガラス採用
<断熱・防音>

内窓プラストサッシには、優れた断熱効果を発揮する空気層12mm(一部8mmの部分有り)のペアガラスを採用。外部の騒音や冬の寒気をほぼ防ぎます。外側アルミサッシと内側プラストサッシの組合せで、より高いレベルでの断熱性と遮音性を実現しました。

直結加圧給水方式

直結加圧給水方式

上水道本管から各住戸へ、ダイレクトに水をお届けする直結加圧給水方式を採用。受水槽に水を貯めないので、常に衛生的で安全性の高いフレッシュな水を供給できます。また、受水槽のメンテナンスも不要でコストも抑えられます。

耐震枠採用の玄関ドア

耐震枠採用の玄関ドア

地震などによる枠の変形に対して、枠と扉の隙間を大きく設けることで、万一の場合でも扉の開放を容易にします。

ダブル配筋で壁も強固に

ダブル配筋で壁も強固に

建物の主要な壁は、内部に鉄筋を2重に埋め込んだダブル配筋にすることで、耐震性を向上させています。

遮音性に優れたスラブ厚

遮音性に優れた床厚

より静かな生活環境を実現するために、最大約235mmのスラブ厚を確保しています。

※吹き付けの関係で、ウレタン厚に若干の誤差が生じる場合があります。

乾式耐火遮音壁

耐火遮音構造界壁

隣の住戸との間には、耐火性・遮音性に配慮した、厚さ約136mmの耐火遮音構造界壁を採用しました。

柱を強くする溶接閉鎖型帯筋

柱を強くする溶接閉鎖型帯筋

主要な柱に使う鉄筋は、溶接閉鎖型帯筋を採用することにより、地震時の建物の粘り強さを高めています。

住宅瑕疵担保責任保険

住宅瑕疵担保責任保険
まもりすまい保険(加入済)

住まいの基本的な耐力性能もしくは防水性能が満たせないときの補修費用を補償する住宅瑕疵担保履行法で定められた保険です。